読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

毎日が冒険

行ってみる、やってみる、食べてみる

眼鏡について

以前眼鏡について書いたことがあるんですけど、今年のチャレンジアイテムは眼鏡とサングラスって決めてます。

似合う眼鏡 - 毎日が冒険

 

めがねを買いに

めがねを買いに

 

「めがねを買いに」は顔の形で選ぶとか、レンズの大きさは顔の三分の一だとか、そういう「似合う眼鏡の法則」なんてすっ飛ばして、似合う眼鏡を探そう!って意気込みの本で、「無難な眼鏡」を全否定してるところに好感が持てます。

「好き」ではなく「まし」な眼鏡を買ってしまうところに、失敗があるらしい。

個性的な眼鏡をたくさんの人にかけてもらった写真が並んでるんですが、意外な人に似合ったりして、面白い。

私の知り合いにも、まつ毛のついたのとか、厚いフレームに螺鈿細工みたいなのが入ってたりと、いつも個性的な眼鏡をかけてる人がいます。目鼻立ちはあっさり系なのに、どうしてこんな派手で個性的なのが似合うんだろう…って思ってたけど、彼女のアーティスティックな雰囲気に合ってたんだな、と、納得。

 

似合う眼鏡のコツは、とにかく試着、正しい位置でかける(レンズの中心に目がくること)、全身鏡で見る、ということなので、積極的に試着しようと思いました。そして、できるだけ私の個性を引き出してくれるのを選びたい。

 

 

おしゃれと人生。 (単行本)

おしゃれと人生。 (単行本)

 

 続けて読んだこちらの本に、童話作家角野栄子さんの眼鏡のこだわりが載っていました。

カラフルな眼鏡を選んで、それに似合う洋服を着るそうです。

 

f:id:mousugu_40:20170125173102j:image

 銀座新聞ニュースの写真から。眼鏡の赤からお洋服にも赤を取り入れて、すごく素敵じゃないですか?

丸善丸の内で角野栄子魔女書店、トークショー、サイン会も | 銀座新聞ニュース

 

角野さんの眼鏡は、リュネット・ジュラというお店のもの。

LUNETTES du JURA(リュネット・ジュラ)

東京なのでちょっと行けないけど、阪神間にもきっと素敵な眼鏡屋があるはず。