読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

毎日が冒険

行ってみる、やってみる、食べてみる

スクール見学に行きました

ファッション

今年は骨格診断を学ぼうと思ってました。

が、実際受けた後腑に落ちない点が出てきて、本を読んでもモヤっとす部分があり、いろいろ調べてくうちに、スタイル診断の方が私には向いてるんじゃないかなあ、と。

 

骨格診断は骨だけなので。
私はナチュラルタイプだけれど、スーパーロングヘアも厚手のざっくりニットも似合わない…。
顔が地味すぎて迫力のあるもの、カッコいいものに負けるんですよね。
骨格に合うファッションをしても、顔に合ってなかったらダメじゃないかなと思うわけです。
 
検索すると、いくつかの学校が出てきたのでその中の1つに見学に行ってきました。
 
私は骨格診断でいうとナチュラル。そのことを言うと、「確かに骨格診断ならナチュラルにタイプ分けするしかないですねー」と。
スタイル診断はいくつかのタイプに分けるとかいうより、その人の個性に合わせた提案が出来るのが肝のようです。
例えば私は背が高い、輪郭はオーバル、目鼻立ちはソフト、なで肩、腰は肩より大きいなど、いろんなチェックポイントがありました。
背が高いというのは辛めの要素だけど、あとは甘めの要素が多い模様。
 
結果、似合う柄は直線より曲線。大柄でなく、中程度から細かい柄。
だからチェックが似合わないんだ!と、腑に落ちた。
曲線でも水玉よりは草花模様みたいなのがいいんだって。確かに〜。
ストライプのシャツも幅広目のは確かに似合ってるか微妙でした。好きだから着てるけど。
ついでに色は彩度高め(見た瞬間何色って判断がつく色)、コントラストは中程度がいいと言われ、この辺は以前のパーソナルカラーと同じ結果。が、カーキ似合ってないって言われた。(彩度が低いらしい)
ちゃんと診断してもらったわけじゃなく、見た目だけど先生には私はウインターに見えるって。
これで春夏秋冬ぜんぶ出揃った!って思いました。私イエローベースで色黒だけど、以前受けたグラデーションスケールでは、ほぼニュートラルという不思議な立ち位置だから、その日によって見え方が違うのかな。謎すぎる。
 
それはさておき、楽しいですスタイル診断。これ、出来るようになったら、自分の中の「骨格ナチュラル判定だったけど、じつはミックスじゃない?」疑惑も吹き飛びそう。
 
とりあえず来週も別のスクールを見学予定。
一番合ってそうなスクールに通おうと思ってます。