読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

毎日が冒険

行ってみる、やってみる、食べてみる

アイリス・アプフェル 94歳のニューヨーカー

ファッション
f:id:mousugu_40:20160401005608j:image
久しぶりに映画を見てきました。
とびきりオシャレな、94歳のおばあちゃんを追いかけたドキュメンタリーです。
インテリアデザイナーで実業家のアイリス・アプフェル。
若い頃からオシャレが好きで、本人曰く、女性で初めてジーンズを履いたんだとか。
それも最初は「女はジーンズなんて履かないだろ」と、売ってもらえず、売ってもらえるまで何度も通ったそうです。

その装いはとてもキュートでゴージャス。

f:id:mousugu_40:20160401010002j:image

柄オン柄のコーディネートに、大ぶりのネックレスを重ね付けして、腕には大きなブレスレットを何連も。
「個性的」っていうのは、こういうことなんだなと思います。

毎日50本の電話を受け、テレビやイベント出演、ファッションを学ぶ大学生に向けた特別なプログラムの講師、と、今も現役で活躍。多くのデザイナーにインスピレーションを与え続けています。
その一方で、これまでの服のコレクションを寄付したり、インテリアの装飾品を売却したりと終活にも取り組んでいます。
倉庫から運び出される装飾品を眺めながら、「手放すのはとても辛い。会計士は早く売ったほうが節約になるって言ってたけど、これまでとても売る気にはなれなかった」と、呟いていました。
最近流行りのミニマリストと対極にいる人です。とにかく自分の好きなたくさんのものに囲まれていたい人なんだな、それがパワーの源なのかなと、思いました。

ビジネスパートナーでもある旦那さんとの関係もいい感じ。100歳になった今は第一線を退かれてるようですが、好きな服を着てバリバリ仕事する奥さんを暖かく見守る様子は、今季の朝ドラの夫婦みたい。

自分が94歳になった時に、こんなにバリバリ働くのは無理だと思うけれど、素敵な歳の取り方だなあと思いました。
「私は美人じゃないから努力できた。美人じゃなくてよかった」と、アイリスは言うけれど、ある程度の年齢を超したら、持って生まれた顔の美醜は関係なく、その人の生き方や個性が表情や印象を作り上げていきますよね。
方向性はちょっと違うけれど、アイリスみたいな、オシャレでかっこいいおばあちゃんを目指したいです。