読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

毎日が冒険

行ってみる、やってみる、食べてみる

クローゼットの使い方を変えてみる

いつも読んでいるブログに、今「使える」服を、厳選してハンガーラックにかけておいて、そこからコーディネートを組むという方法が書いてありました。
ハンガーラックにかけておくアイテムをどう選ぶか? - 着るものをどうしたらいいか考える

ちょうどクローゼットの衣替えをしたので、いつもだとアイテム別に分けるところを、左半分に今着たいものを。右半分に、まだ時期が早いものや今の気分でないもの掛けました。
ニット類も引き出し2段に分けて、上に今着るものを集めました。

「この中から選ぶんだ」と、思うと、朝の支度がとてもスムーズです。
クローゼットをひっくり返して、廊下に「着るのをやめた服」を放置したまま出かけることもなくなりました。

オフィスワークのときは、週に5日私服で勤務だったので、思えば着回しがとても大変でした。
月曜から金曜まで、たとえ同じ服を2回着ることになっても、できるだけ同じ印象にならないように…と、努力してみても、結局ワンパターンになりがちだし、お互いのワードローブを把握してしまっていました。
今思えば、そういうのもちょっとストレスだったかも。そうしょっちゅう新しい服も買えないし、かと言って「いつも同じ服」って思われたくもないし。

今は週に3、4日のバイトで、シフト制なので毎回同じメンバーとは限らないし、私服で顔を合わせるのはロッカールームくらいなので、「この組み合わせいつも着てるなあ…」とか悩まずに、自分の好きな格好をしていられます。
それもあってクローゼットをシンプルに出来たと思います。
制服のある職場っていいなあ、と改めて思いました。

環境が変われば服との付き合い方も変わります。今ののんびりした時期に40歳からの自分のスタイルについて考えたいです。