読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

毎日が冒険

行ってみる、やってみる、食べてみる

私にとって自由ということは寂しいこと。と、心の壁

思ったこと

一人でご飯とか、一人で旅行とか、おひとりさまでも平気というと、「寂しくない?」って聞かれます。

 

寂しいです。

 

特に夕飯。私は旅先でファミレスとかファストフードが嫌なので、レストラン、定食屋、回る寿司などに入り、周りが団らんしてる中ご当地名物を食べるんだけど、寂しいです。

でも平気。

 

思えば子供の頃から寂しい子供でした。

お友達の輪に自分から入れなかった。

輪の中心にいる子になりたいと、ずっと憧れてました。

未だに人見知りの場所見知りです。初めての場所で初対面の人同士の中でぱっとグループが作れる人たちはどうなってるんだろうと謎です。

自分が望んでではなく、グループに入りそびれて一人ででいることもよくあります。

でも大人なので、周りからは「一人でいるのが好きな人」と解釈されます。

寂しい!

 

結局私は子供の頃と同じ。

マイペースで、何もかも人と合わせるのは嫌。心の壁があって初対面から自己開示なんてできない。けど一人ぼっちは寂しい。

 

子供の頃と変わったというか、成長したのは、一回きりの会とかでない限り、なんだかんだ言って、ずっと交流が続く友達が作れるということです。

子供の頃もそりゃあ友達はいたけれど、上京したとか結婚に伴って地元を離れたとかいうことがないのに、「小学校から一緒で大人になった今もずっと仲良し」みたいな人がいないのは、私に問題があるんだろうな…。

 

最近、私の中の「心の壁」はこれから接客業をしていく上で邪魔になるなあと気付かされ、途方にくれてます。