読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

毎日が冒険

行ってみる、やってみる、食べてみる

アウトレットとクローゼットのテーマ

冬物のパンツを探そうと、神戸三田プレミアムアウトレットに行きました。

 

結構広〜いです。

神戸は垂水にもアウトレットがあるけど、私はこちらの方が好き。

隣にイオンモールもあるので一日中遊べます。

 

…女同士ならね。

 

旦那と犬を車に待たせての場合、そんなに時間はないので、いつも駆け足です。

ちなみにアウトレットは通路は犬オッケー。結構わんこ連れも見かけます。

 

毎回行くのはガリャルダガランテ。

だいたい普通の店舗の半額です。

ガリャルダは回転が早いので、今期ものも入っててお得。

タグがガリャルダじゃなく「jena」ってものがあって、そっちはお得なのかどうかわかんないけど、確実に物がいいのはガリャルダのタグがついてる方です。

と、言いつつ、気に入れば買っちゃうけど。

 

スピックアンドスパンとバーニーズニューヨークとトプカピも必ず寄ります。

トプカピは服は古いけど小物類はお買い得だと思う。 

バーニーズニューヨークは目の保養ですね。

 

探しているものが見つかるのは稀で、むしろ予定外のものをつい買っちゃうけど、自分のクローゼットを把握してるので、「買ったものの着ていない」というのはありません。

特にここ最近は、自分の中でテーマが生まれたので。

人前で「パーソナルスタイリストです」って挨拶した時に、「なるほどねー」って思ってもらえる服、と、いうのがそれです。

 

働きだしてから三十歳くらいまでは、私のテーマは「ヴァンテーヌちゃん」でした。雑誌ヴァンテーヌが推奨してた、賢いお嬢さんOLみたいな。

綺麗な色とベーシックカラーの組み合わせ、品のいいデザイン、ミラノ風。

 

三十歳を過ぎて、「もうお嬢さんて年でもない」って我に返ったときは途方に暮れました。

まあ大人になると、好きなものの方向性はそんなにブレないんだけど、やっぱり何かしらテーマがあった方が買い物の基準ができていいと思います。

 

実は憧れのテーマというのが昔からあって。

それは「女優」「ドラマチック」というのだけれど、それらの言葉の持つイメージと、自分自身の外見や似合うものが一致しない…。

どこかで折り合いをつけて、いつか私なりの「女優」で「ドラマチック」なクローゼットを持ちたいな。