読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

毎日が冒険

行ってみる、やってみる、食べてみる

もう楽しいことしかしないと決めたのに

年末までのバイトをすることになりました。

工場のラインです。

9月に入ってから週4でシフト制、9時18時くらいの幅で短期(年末まで)の仕事を探してたんだけど、全然見つからず、わりと月末ギリギリに決まりました。

 

仕事があるのはありがたいです。

しかし、思ってたより随分とハードで、そして楽しくない…。

楽しければ忙しいのもしんどいのも苦にならないんですけどね。

仕事がしんどくて楽しくないのは当然?

いやいや、私はもう楽しいことしかしないと決めたので。

実際、去年のイベントバイトも、調査員のバイトもデータ入力も、体力的にきつかったり、手間がかかったりしたものの、「辛い」って気分にはならなかった。

 

どうやら工場は器用でテキパキきっちりした人が向いてる模様。私はテキパキしてるけど、雑なのです。ラインのスピードにはついてけるけど、「丁寧に」が無理。丁寧にやるなら手早くできないよ。

友達からは、「あなたが工場?向いてなくない?」とか、「悪いけど笑える」ってコメントされてます。みんな、私より私のことわかってる!

 

パーソナルスタイル診断に必要なアイテムを揃えたいし、他に学びたいこともあるので、そのための仕事です。

私の中に捨てたはずの「好きなこと(楽しいこと)をやるためには頑張ってしんどいことをしなきゃならない」という思いこみが、まだまだあったんだなと気づかされました。

それが現実化してる。

 

そして、私の周りの人は「この仕事向いてない」って思ったら、あっさり辞めるみたいだけど、私は「がんばったら慣れるかも」みたいな楽観的な思考の持ち主で、すぐに見切りを付けられないのです。

向こうから「向いてないからやめて下さい」って言われたら辞めるけど(そんなこと言われたのは一回だけだけど)、そうでなければ、ズルズル居続けてしまう。

教育してくれてるのに辞めるのは悪いかなあ…みたいな。 

すぐ辞めるのとどっちが悪いんでしょうね。

 

工場バイトのいいところは、異物混入を防ぐためコロコロとエアシャワーを必ず浴びて作業フロアに入るので、花粉がいないこと。

 

そのくらいだなあ。