読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

毎日が冒険

行ってみる、やってみる、食べてみる

手づくり市の出店を手伝いました

友達が手づくり市に出店するというので、お手伝いに行きました。
以前別の友達の手づくりアクセサリーの店を手伝ったんだけど、「お店ごっこ」みたいなのが楽しくて。
今回の友達はお花の先生で、フラワー雑貨を出品しました。

当日は寒すぎず暑すぎず、人が結構来ていました。
が、売れない。
まず、お店の前で立ち止まる人があまりいないです。
たまにいても、値札をチラ見して去っていきます。
木製品や布雑貨や多肉植物、手づくり石鹸やアクセサリーなど、周りのお店もあまり売れてなさそうでした。
犬の服の店はファンがいるようで、午前中は繁盛してたけど、午後からはまったり暇そうでした。

何が売れているかと言うと、食べ物です。
どうやらお店を冷やかして、ハンバーガーや唐揚げを食べたり、焼き菓子を買って帰る人が大半のようです。
周りのお店に聞き込みに行った友達が、「この手づくり市はあまり売れないそうです」と、がっかりしながら戻ってきました。出店する場所を間違えたか?

以前のアクセサリーのお店も炎天下だったこともあって、1日で3点くらいしか売れていませんでした。

3時ごろから値下げを行いましたが、それでも雑貨はほとんど売れず、売れたのは小さな女の子向けのヘアクリップくらいでした(1個200円)

出店料やテントのレンタル代などを考えると大赤字です。
友達の作ったコサージュやリースや置物は可愛かったけど、野外のイベントで売れるものではなかったんでしょうね。
出店料が高くても、デパートのイベントに出店した方が売れたのかも。

アクセサリーの友達も、1日店番してるのも大変だし、ネットの方が売れると、今は手づくり市の出店はやめているようです。

手づくり市は、気候のいい時なら外にいるのも気持ちいいし、お客さんや周りのお店との触れ合いも楽しいけれど、儲からないものなんだなあと思いました。