読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

毎日が冒険

行ってみる、やってみる、食べてみる

35歳からのダイエット革命を読みました

今年の目標の一つがダイエットです。

35歳からのダイエット革命

35歳からのダイエット革命

図書館でこの本が気になって借りました。

この本では戦後からの日本の(そしてアメリカの)ダイエット史を振り返ることができます。
そしてそれらのダイエットの何が間違っていたかも語られます。
りんごダイエットとか、ブートキャンプとか、骨盤体操とか、流行りましたねー。

歴史の部分が多いので、いったい何が革命だったのか疑問が残りました。
か、革命らしき部分をとりあえずまとめると、
  • 女性が35歳から太るのはホルモンが減るから
  • 食事と運動がやっぱり大事
  • 腹七分目に食べる
  • 大人女子は一生ダイエット(急激に太ったり急激に痩せたりしてはいけない)
と、いうことみたいです。
この中で、私が衝撃を受けたのはホルモンの減少。ほとんどの女性が37、8歳で5キロ太ると書かれており、それはこの年齢で、ホルモンの量がガクッと減るからりしいのですが、まさに私が激太りしたのが、38歳の頃なんです。
当時仕事のストレスと間食のし過ぎで増えたのかなー、と、思ったりしていました。
でも、ここ数年ずっと同じような生活をしていたのに、突然太ってしまったんですよね。

ホルモンのせいか、と、思うと納得出来るような。しかし、女として枯れつつある自分を自覚するのは少し寂しいような。
著者はホルモン注射を受けているようですが、乳がんのリスクを考えると、万人向けの解決法ではないですよね。

とりあえず、太るべくして太ったのがわかったので、後は食生活の見直しと運動とで、少し身体を引き締めたいと思います。
炭水化物も糖分も油分も大好きなので、いきなりストイックな生活はできないけれど、少し減らすように心がけます。