読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

毎日が冒険

行ってみる、やってみる、食べてみる

大人のための私服の教科書


「大人のための私服の教科書」を読みました。

大人のための私服の教科書

大人のための私服の教科書


おしゃれが苦手な30代、40代男性向けの内容です。
K値という概念で、コーディネートを点数化するという考え方。仕事用スーツのかっちり、すっきり、トラディショナルな感じをK値10、穴あきジーンズにTシャツ(うちの旦那の私服)をK値3から4とした時に、大人の私服の目指すべきところは6から7としています。
基本はスーツを着崩していくという考え方が、わかりやすいし、大人の男性に取り入れやすいと思いました。

アイテムごとのK値が決められており、それらを足してアイテムの数で割った平均値が6から7の間で収まればいいので、今までの服を全て変えなくてもいいし、小物で点数を上げることもでします。
ショップ別のK値一覧や、小物の選び方も書いてあるので、すぐに実践に移れます。

K値を上げるものとして、センタープレスのパンツやチェックの細身パンツ、ハットなどを勧めているので、おしゃれに意欲のある男性向けですね。おしゃれアレルギーがある男性には、ちょっと難しいかも。

小物の解説で、ジョン・レノンの丸眼鏡は、たいていの日本人がかけると波平さんとあって、独身時代ジョン・レノンモデルの眼鏡を買ってたうちの旦那よ…(似合わないと散々ディスった結果かけなくなった)

面白い!って思ったのは私だけのようで、旦那に見せてもスルーされました(笑)

f:id:mousugu_40:20151208102511j:image
コーディネート練習のための、着せ替えのページも。

色使いやシルエット、スーツ選び、さらには巻き物について詳しく解説。これ一冊ですごい情報量。
これ、女性版も作ってもらいたいけれど、女性のおしゃれは多様すぎて難しいかなあ。