読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

毎日が冒険

行ってみる、やってみる、食べてみる

「なぜ一流の人はみな着こなしにこだわるのか」を読みました

男性のためのパーソナルカラー診断と、骨格診断の本を読みました。

なぜ一流の人はみな「着こなし」にこだわるのか?

なぜ一流の人はみな「着こなし」にこだわるのか?

男性向けということでか、ビジネス書の風体ですが、中は女性向けのファッション本と変わりはありません。
著者のブログに、ファッションに興味のある男性だけでなく、服を選ぶのをめんどくさがる夫や息子がいる人にも読んで欲しいとありました。

うちの旦那はまさにそう。なので、普段は私が勝手に選んで買ってます。試着が必要なときは無理やり連れ出しますが、なかなか大変です。

自分のパーソナルカラーがわかってから、旦那を観察していて、おそらくサマータイプだと思います。
知りたかったのが、骨格。女性向けの骨格診断本より、やはり男性向けに書いてあるので、診断しやすいです。
うちの旦那はウエーブタイプ。パーカーが似合います。

ウエーブは、サイズ感はぴったりか、小さめがバランスいいみたいです。ナチュラルの私とは対極です。
旦那は大きいサイズを選びがちのせいか、スーツ姿がまるで借り物のようです。
男の人はスーツを着ると3割り増しなのに、うちの旦那は例外だなあ、と、生暖かい目で見てましたが、形が全然合ってないのを着てるんだなあ、と、改めて感じました。
まあ、ぴったりフィットしたパンツを履くとお尻が破れると主張するので、今後もダボっとしたスーツを着るのだと思います。

ちなみにAmazonのレビューではモデルが悪いと散々書かれていますが、普通のサラリーマンってこんなもんじゃない…?って思いました。よその旦那さんはイケメンなのかしら。

半沢直樹的なリーマンドラマに出てくる人をタイプ別に分ける企画があったら見てみたいです。堺雅人は実は◯◯タイプなので、このスーツは似合ってるけど、こっちはダメとか。そういうの。