読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

毎日が冒険

行ってみる、やってみる、食べてみる

いつもと違う美容院に行ってみた

もう10年以上同じ人に髪を切ってもらっています。
片道約1時間。いつもの行動圏の明らかに外側です。
たまに違う場所に行くのも気分転換になっていい。と、思ってましたが、今月は疲れた…。
2週間くらい風邪をひきつづけ、さらに慣れない肉体労働のバイトにヘトヘトです。
休みの日にそんなに遠出したくない…。

そう思って、違う美容院に行くことにしました。
どうせならできるだけ家から近いところにしようと、最寄り駅で美容院を検索したら、ホットペッパービューティーが現れたので、初めて使ってみました。
サロンの売りや、内装やスタッフの写真、口コミが閲覧できて、なるほど便利です。
空き状況もその場でわかってその場で予約できます。
電話をかけるのって結構億劫なので、便利!って感心しました。

予約した時間に行くと、小さなサロンは意外にも満員御礼で、次の予約の人が待ってる状態でした。平日の夕方なので、もっとガラガラかと思いました。
私も少し待たされて、カウンセリングです。
髪質や困ってること、なりたいイメージやら使ってるシャンプーやら、いろいろ聞かれました。
初回カウンセリング自体が10年以上ぶりで、こんな細かったかなあ?と。

カットしている最中も、どうしたいのか、ここはいつもと違うカットをしていいのか、など細やかに聞いてくれて新鮮でした。どうしてそうしたほうがいいかという解説も丁寧にしてくれます。
普段はおなじみのスタイリストさんにお任せ状態で、ただおしゃべりしてるだけで、ほぼ全てが終わるので(笑)

ショートの髪が伸びてショートボブくらいになっていたのを戻してもらっただけなので、大きなイメチェンにはなりませんでしたが、分け目を変えてもらい、前髪の流し方も変えてもらい、いつもと違うスタイリングもいいなあ、と、思いました。
セールストークもさらっとしていたし、なかなか当たりだったかもしれません。

「いつもの」には、安心感があるけど、たまには「脱いつもの」も、必要ですね。