読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

毎日が冒険

行ってみる、やってみる、食べてみる

理想のトレンチコートを求めて

先日の記事で、理想のトレンチコートの条件をまとめました。

  • 顔映りのいいベージュ
  • 膝下丈
  • ラグラン袖
  • 手の甲にかかる袖丈
  • ライナーが取り外せる
  • 着痩せして見える
そして向かった先は、グランフロント大阪


大手セレクトショップがほとんど入っていて、売り場にゆとりがあるお店が多いので、試着しやすいと思いました。

とりあえず端から見ていって、試着したのは2点。

一つ目はEDITION

f:id:mousugu_40:20150222003510j:plain

  • 顔映りのいいベージュ
  • 膝下丈
  • 手の甲にかかる袖丈
  • ライナーが取り外せる

の4点を満たしてました。
ベルトのバックルが革なのもいいなあ、と。

もう一つはallureville

f:id:mousugu_40:20150222003951j:plain

  • 顔映りのいいベージュ
  • 着痩せして見える
EDITIONよりも着丈も袖も気持ち短め。
短過ぎてみっともないことはなかったです。
ライナーは取り外せないけれど、裏地のストライプはまあまあおしゃれ。裏地がリバティーのバージョンもあって、そちらは三千円高いそうです。
ハンガーにかかってる状態で、シルエットが綺麗だったので手に取ったんだけど、実際着痩せして見えます。ベルトの位置が気持ち高いので脚長効果も。

このショップは初めて入ったんですけれど、店員さんの対応がしっかりしてて、好感が持てました。
綿100%のコートは、擦れて色が褪せてくるけど、ポリが入っているとそんなことはなく、皺になりにくいそうです。
トレンチコートは手に持つことも多いので、それも大事かなと思いました。

襟の立て方、前を開けて着るときのフロントの開け具合、ボタンを留めてベルトを前で結ぶ時の結び方、後ろで結ぶ場合の垂れない方法など、一通りレクチャーしてくれました。

接客が良かったのでもうこれにしようかな、と、思ったんですけれど、配点はEDITIONの方が高いし、ラグラン袖に未練があるので、あともう少し探してみたいです。